今年も早いもので今日で大晦日となりました。

皆様いかがお過ごしでしょうか。





年内最後となる今回のブログでは、映像監督として世界的人気を誇る、David Lynch(デヴィッド・リンチ)氏の石版画をご紹介いたします。





 

 

デヴィッド・リンチ氏(2017年撮影)出典:wikipedia

 

 

デヴィッド・リンチ氏は、アメリカ合衆国モンタナ州出身の映画監督、脚本家、プロデューサー、ミュージシャン、アーティストそして俳優です。



1965年にペンシルベニア美術アカデミーに入学後、アメリカ映画協会の奨学金を得て1977年製作した低予算映画『イレイザーヘッド』で有名となり、その後「ツインピークス」をはじめ数々の名作を生み出した彼は「カルトの帝王」と呼ばれ、世界中に熱狂的なファンを抱える名監督となりました。



1980年『エレファント・マン』(アカデミー賞8部門ノミネート)、1990年「ワイルド・アット・ハート』(カンヌ国際映画祭パルムドール受賞)など、今日に至るまで数々の名作を世に生み出しています。



エレファント・マン(1980年) 出典:Amazon

 

 

 

1989年~1991年のTVシリーズ『ツイン・ピークス』は世界中で大ヒットし、2001年『マルホランド・ドライブ』ではカンヌ国際映画祭監賞を、2006年にはヴェネチア国際映画祭栄誉金獅子賞を受賞しました。



そんな映像監督として知名度の高い彼ですが、実は映画以外にも絵画や写真、アニメーションや立体作品など、様々な方法でも自身の世界観を表現し続けています。アート作品も高い評価を得ており、日本を含む世界各国で数多くの個展を開催しています。





 

 

彼の劇中に登場する絵画、彫刻、映像作品も、40年分の自身の作品からそれぞれの映画のストーリーに合わせて選ばれたものなのです。





 

 

彼の映像作品と同様に、彼の生み出す石版画もその独特なアンダーグラウンド感、人間の中に渦巻く少しどろっとした感情を表現したものが多く、見た瞬間にその迫力と独自の世界観に一瞬で引き込まれてしまいます。





時にあえて表面の欠けた石版を使用するという彼の作品では、石の個性とアーティストの個性が心地よく共存していますね。





そんな彼の石版画が、来年2024年に新しく3枚SUPER VINTAGEに加わることとなりました。

 


以前人気であった50cm~60cm四方の、少し小ぶりなサイズも入荷予定ですので皆様ぜひお楽しみにお待ちくださいませ。







来年もたくさんの魅力的なアイテムをご紹介して参りますので、どうぞ来年もよろしくお願い申し上げます。

 

改めまして、2023年も大変お世話になりました。

 

 

皆様、どうぞ良いお年をお迎えください。

×